医療レーザー脱毛コラム

医療脱毛は毛周期にあわせる

体

医療脱毛を行う際には、毛周期にあわせて施術を受けることで効果が得られやすくなります。体毛は、一定の周期で常に生え変わる毛周期があります。成長期、退行期、休止期という3つの段階に分かれています。

医療脱毛で使われるレーザーは、メラニン色素に反応することで脱毛効果が得られる仕組みです。そのため、メラニン色素が含まれている成長期の体毛にしか効果が得られません。効果をしっかりと出すためには、1回目の施術を受けた後は、退行期、休止期が過ぎるのを待ち、成長期になってから次の施術を受けることになります。成長期は、個人差が大きく、部位によっても差があると言われています。

周期を見極めるのは難しいことから、照射間隔は2ヶ月から3ヶ月程度空けて行うことが一般的です。十分な体毛が生えそろったときに受けることが最適な照射のタイミングになるため、この場合は、2ヵ月後の照射が効果的ではなく、2ヶ月以内に照射しても効果が得られないという理由によるものです。
効率的に脱毛を行うためには、期間を短くするよりも長期的に見て減毛率を少しでも上げることを優先することです。より効果を上げるためには、アフターケアもしっかりと行うことです。