医療レーザー脱毛コラム

脱毛効果が高いソプラノ脱毛機

ソプラノ脱毛機

医療レーザー脱毛は痛みが強い、というこれまでの常識を覆す最新機種、ソプラノ。 徐々に導入するクリニックも増えてきています。しかし痛みが弱いとなると効果も低いのではないかと心配する人もいるのではないでしょうか。

これまで医療レーザー脱毛に比べて痛みが弱い、という理由でサロンでの脱毛を選んできた人も多くいますが、サロンの場合は痛みが弱い分効果が低く、通う回数も多くなりますし効果は永久には続かないため満足のいくものではありませんでした。 しかしソプラノに関しては、心配は要りません。

なぜ痛みが少ないのかというと、これまでのレーザーはHR方式といって、メラニンを含んだ毛根に対しエネルギーが一点に集中するものでした。 それに対しソプラノは、SHR方式といって毛包全体をターゲットにしており、広範囲に弱いエネルギーを与えて徐々に毛根を破壊していくものです。

そのため一番温度の高い毛根部分でも45℃程度、表皮では25℃程度なのでせいぜい熱めのお湯につかっている程度の感覚しかありません。
とはいえ、レーザーを発生しているのは従来と同じダイオードですからパワーはあります。 したがって、痛みはほとんど感じないにもかかわらず脱毛効果は非常に高いのです。